2012年07月21日

アブラムシ対策には

アブラムシ対策には、やっぱり柑橘類の皮だね。
トウガラシに付くアブラムシに、毎日悩まされていた。

毎朝、アブラムシを手で取ったり水スプレーで吹き飛ばし
退治しても、夕方にはまた同じようにいっぱいアブラムシが
付いていた。
トウガラシは、皮のまま利用するのでできるだけ薬剤は使いたくない。

そうだ!アブラムシには、かんきつ類の皮だ!!
と思い出した。

アブラムシ対策1

アブラムシ対策2


以前にも、アブラムシに悩まされいろいろ対策をやってみた。
詳しくは⇒『アブラムシ退治と対策
いろいろやった中では、かんきつ類の皮を土の上にまくと
効果がたしかにあった。

やり方は、
続きを読む
posted by 日陰子 at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2009年08月31日

トウガラシ、アブラムシ対策のその後

アブラムシ対策 
アブラムシには、今まで毎年悩まされてきたが、
今年ためした、「柑橘類の皮を土の上にまく」は
すごい効果を発揮しました。

その方法は、コチラ
       ↓↓
 アブラムシ退治・対策
http://hanitikage.seesaa.net/article/119744658.html#more 

柑橘類の皮をまいたあと数日は、アブラムシがいたが
いつの間にかまったくいなくなった。
それから、3ヶ月以上たった現在もゼロ。

おかげで、トウガラシはスクスク育ち青い実を
2本の株で現在10個以上は付けている。
まだ花が咲いているので、実の数はもっと増えるだろう。

柑橘類の皮を土の上にまくと、皮は乾燥させてあっても
水やりでそのうち皮にカビが発生!
カビの菌が飛び、このままじゃいけない・・・

それで、その上に土をかぶせた。効果はどうかな?
続きを読む
posted by 日陰子 at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2009年05月19日

アブラムシ退治、対策

4月末頃から、トウガラシとキンギョソウがアブラムシに
やられている。

アブラムシ退治、対策
1.薬剤をスプレー

トウガラシは食用なのとペット(犬)がいるので、人と
自然にやさしい食品原料から作られているという
虫と病気に 野菜と花のカダンセーフ」を使っている。
「効果が有った!」と評判がよい。
でも、わが家では今のところあまり効果が・・・。




2.木酢液をスプレー

木酢液を100倍以上に薄めたものを、2〜3日おきに
スプレーする。
でも、木酢液がなかったので、代わりにお酢を薄めた
ものをスプレー。

お酢の薄め方足りなかったのか、それともスプレー
し過ぎたのか、アブラムシよりもキンギョソウの方が
(小さい株のもの)しおれてダメになってしまった。
なので、お酢スプレーはやめた。

3.手でつぶす、水で洗い流す
次にやったのは、葉についたアブラムシを手でつぶし
ながら、水で洗い流す。
(スプレー式容器に、水を入れたもので)
これは確実で、しかも水なので植物にもやさしい。

しかし、一枚一枚葉をめくって確認しながらやるので
面倒、そして時間がかかる。こんな努力も、次の朝に
なると、またビッシリとアブラムシが発生している!

前の日の努力は、まるでムダな感じに。
やらなかったら、もっとすごい事になっていたのかも
しれないが。
アブラムシ発生、退治、また発生、また退治と
アブラムシとの戦い。

4.柑橘類の皮
アブラムシとの戦いにつかれ、次は柑橘類の皮。
アブラムシは柑橘類を嫌うというので、食べ終わった
柑橘類の皮(オレンジやグレープフルーツなど)を
小さく切って、天日干しでカラカラに乾燥させる。

それを、アブラムシの発生するプランターの土の
上にまいた。これは、効果があった!

毎日退治しても、翌朝にはまたビッシリとアブラムシが
付いていたのが、少ない!
数匹くらい付いているがが、柑橘類の皮をまく以前から
比べたら断然少ない。

今まででのアブラムシ退治法の中では、柑橘類の皮が
一番効果があった。
それに、柑橘類の皮はそのまま土の栄養にもなるので、
一石二鳥です。人にも、植物にもやさしいです。
柑橘類の皮

続きを読む
posted by 日陰子 at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2008年10月17日

ヨトウムシの被害、その後

ヨトウムシ類の被害が、今年は9月に大発生。
しかし、10月になると涼しくなったせいか、ヨトウムシ類の
被害がピタッとなくなった。
もしかしたら、土の中に入り冬眠の準備なのかな?
だとしたら、イヤだなぁ・・・。

でも、被害がなくなりとりあえずホッとしていたが、
同じマンションの別のお宅では、ここ最近ヨトウムシ類
らしき虫の被害が出ているという。
それも、わが家と同じようにかなりの大被害が。

とすると、ヨトウムシ類はまだ冬眠する時期じゃない
ということなのか。
わが家で被害がなくなったのは、気持ち悪いのをガマン
しながら私が捕殺しまくったことでヨトウムシを全滅
させたからということ?

全滅したのなら、来年はヨトウムシ類の被害がなければいい
・・・そう強く強く願っている。
posted by 日陰子 at 18:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2008年09月27日

ヨトウムシ類(夜盗虫)、大量発生!

ヨトウムシ(夜盗虫)の被害が毎日です!
毎年被害があるが、今年は特に多い気がする。9月はじめ
頃から、オリヅルラン(大株が何株も)、ミント、セイジ、
ワイヤープランツ、朝顔にと被害が続いている。

ヨトウムシ類は、名前のように「夜活動して葉っぱを食べ
まくり、昼は土の中や葉っぱの裏などに隠れている」のだと。

それで、夜に懐中電灯で葉っぱの中を探してみたら、いたいた!
取っても取っても次の朝、そして夜にはまた発生している。
鉢の回りに黒いフンが落ちていたり、葉っぱを食べられた
被害の鉢の中をさがすと、いるいるヨトウムシ、ハスモン
ヨトウが!

時には、鉢のまわりやテラコッタタイルの上をムズムズと
歩いているヤツもいる。
ここ1ヶ月ほどで、何匹、いや何十匹退治しただろう。
50匹、超える数をあの世に送ってやっただろう。

ここ数日は、かなり被害が減ってきたけど。そう思いながら、
ワイヤープランツに水やりをしていると、ワイヤープランツ
の枝の、先の方の葉っぱがなく、枝だけなのが数本ある。

もしや?密集した葉っぱを裏返してみると、いました!
かなり、黒いのが!

続きを読む
posted by 日陰子 at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2008年08月19日

ミニバラも、トウガラシも

トウガラシも色づき ミニバラも元気に

ミニバラやトウガラシに、アブラムシやダニなどで
悩まされていた。
取っても取っても、わいてくるようにしつこい。

退治方法は、セロテープ。セロテープを少し切り取って、
そっと害虫のいる所に触れるだけ。
すると、ビッシリとセロテープに害虫が張り付き取れる。

でも害虫を退治できても、虫が付いていた葉っぱが
だんだん変に!縮れたようになってしまったのです。
害虫のしつこい攻撃と葉っぱの病的な症状で、ヤケになり
葉っぱを全部切り取った。

ほぼ丸刈り状態で、茎だけのかわいそうな姿に。
でも、茎は何とか生きていたので水やりは続けていた。
すると、新しい葉っぱが出てきて、花が咲き、実が付き、
そしてトウガラシは赤く色づいてきました。
ミニバラも花を咲かせました。

葉っぱを切り取って丸坊主にした以降は、アブラムシや
ダニなどの被害もない。葉っぱも縮れ変形することもなく
元気に育っている。
でも、どうして害虫が付かない?
以前と今と、何が違う?

変わったことは、「炭」です。
続きを読む
posted by 日陰子 at 14:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2008年07月26日

マリーゴールドは全滅

花を楽しむのと害虫よけで、マリーゴールドの苗を
春にたくさん買った。種も買って、種から育てたのもあった。
合計で20本かそれ以上あったのに・・・そのすべての
マリーゴールドが枯れてしまった。青枯れ病です。

●青枯れ病とは
  ↓↓↓
http://hanitikage.seesaa.net/article/53247735.html

去年も同じように、マリーゴールドを青枯れ病で全滅
させたのに、また今年も同じ失敗を・・・(反省)

青枯れ病のマリーゴールドをプランターから抜き取り
捨ててからわずか数日後、朝起きてみるとミントの
葉っぱがなくなっている!
オリヅルランの葉も!

葉っぱのほとんどを虫に食べられ、軸だけになったものや、
わずかに葉っぱが残っているものや。そして、プランター
や鉢の下には、黒い虫のフンがいっぱい落ちている。

去年もそうだった。マリーゴールドがベランダからなくなる
とすぐに、ベランダの植物のいろんな葉っぱを食べられて
しまった。マリーゴールドの害虫よけ効果は、それだけ
スゴイということでもある。
続きを読む
posted by 日陰子 at 14:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2008年06月13日

アブラムシ退治に

最近は、毎日のようにミニバラのアブラムシのチェックをする。
今朝も、アブラムシ発見・・・即、退治です。

ミニバラは、先月に灰色カビ病にやられ、
病気の枝や葉っぱを切り取って捨てた。
そしたら、葉っぱがほとんどなくなり枝だけの淋しい姿に。

でも、それからその枝にも新しい葉が出て、そして
つぼみも付いて花が咲き始めてきた。
そしたら、今度はアブラムシです!

アブラムシがつぼみや葉に、いっぱい付いている。
アブラムシ退治に、粘着テープ(セロテープなど)を使う
とよいと聞き、さっそく試した。

セロテープを2〜3cmほど切って、アブラムシにそっと
触れるだけで、ビッシリとテープにアブラムシが貼りつく。
バッチリ、アブラムシ捕獲です!

テープに張り付きそのまま捨てられたり、下にも落ちたり
しないのでとっても便利です。
セロテープを指に巻いて(テープの粘る面を外側にして
指に巻く)やるのも良いです。

憎きアブラムシを食べてくれる益虫がいる。
それは、てんとう虫。
でも、残念ながら我が家のベランダにてんとう虫は来てくれない。
もし来てくれたなら、大歓迎なのに。

関連記事
アブラムシ、青虫に散布液
    ↓↓↓
http://hanitikage.seesaa.net/article/19656270.html

土壌線虫やアブラムシ
    ↓↓↓
http://hanitikage.seesaa.net/article/19071206.html
posted by 日陰子 at 12:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2008年05月23日

小さな赤い虫、タカラダニ

ベランダの手すりをすばやく動く、小さな赤い虫!
2〜3日前から、突然に、何度も見かけるようになった。

虫の体長は、わずか1ミリくらいと小さい。
つぶすと、まるで血のような赤い色に。

この小さな赤い虫は、どうやら「タカラダニ」と言われる
ダニの一種みたいです。

タカラダニ」は、4月〜7月に大量発生する。
(特に5月に多い)よく晴れた日に、住宅やビルの壁、
学校のプール、ブロック塀やコンクリートなどで見られる。
以前から知られている虫らしい。

しかし、私も、我が家でも、見るのは初めてのような気がする。
ここ数日、良い天気が続いて気温も高い、まさにタカラダニの
発生する状況にピッタリだ。
ということは、大量発生するのか?

タカラダニは、植物や人間などには害はないらしいが、
続きを読む
posted by 日陰子 at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2008年05月21日

パセリにコナジラミ

コナジラミパセリの葉の回りに、ちょっと枯れている部分がある?
と思って、パセリの葉を
よーく見ると害虫!

「コナジラミ類」とよばれる
害虫のようです。
葉や茎にびーっしりと、
白い小さな虫が付いている。

虫を取り去るといっても、小さいし数も多い・・・それに
気持ち悪い!
歯ブラシを使って落としたが、落としきれない。

パセリと言ったら、葉そのものを食べる野菜。
こんな虫が付いていたパセリを、食べるのも気持ち悪い
という事で、パセリの葉を全部バッサリと切って捨てた。

根元部分だけを残した。
根元が残っていれば、新しい葉っぱが出てくるから。
しかし、根元部分にも虫が残っていないように
歯ブラシでゴシゴシこすり、害虫を残らず駆除(のつもり)。

株の根元だけになったけど、新しい土を入れた
別のプランターに植え替えした。
パセリの根元付近の土の上にも、害虫のコナジラミが
落ちていた可能性もあるし。
そして、殺虫剤もスプレー。
こうして、コナジラミ退治は終わった!・・・だといいな。

コナジラミ類

【被害の多いおもな植物】
 コナジラミ類の種類は多い。
続きを読む
posted by 日陰子 at 13:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2008年05月11日

ベランダ鳥よけネットの効果

鳥は、雨の日でも食べるものを探して飛び回っているんですね。
人間もそうだけど、雨でもお腹はすくわけだからね。

昨日は1日雨、今日も朝から雨。
ベランダから外を見ると、ゴミ置き場をあさっている
カラスがいた。
我が家にブルーベリーを盗みに来るのは、カラスではなく
ムクドリらしいが。

我が家のブルーベリー、『ベランダ鳥よけネット』を
張ってからはどうかと言うと・・・
鳥は、何度か『鳥よけネット』の所まで飛んで来ているようだ。
夫が、昨日も目撃!

でも、『鳥よけネット』のためあきらめているみたいだ。
これで、ブルーベリーの実も鳥から守れそう。
かなり安心になった。
posted by 日陰子 at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2007年08月30日

マリーゴールドは、青枯れ病

マリーゴールドの病気は、青枯れ病でした。

青枯れ病とは、突然元気を失ってしおれ枯れてしまう病気。
急激に症状が進み、まだ青い部分が残ったまま枯れて
しまうので「青枯れ病」と言う名前に。

青枯れ病

●原因
 細菌の一種(病原細菌)が寄生することによっておこる。
 夏の高温時に多く発生し、病原細菌は土の中で
 数年間生きる。

●対処法
 病気が発生したら、早めに株を抜き取り処分する。

続きを読む
posted by 日陰子 at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2007年08月21日

ヨトウムシ発見!

オリヅルランの葉っぱが虫に食べられ、ちょっと
みっともない状況に。

葉っぱはみすぼらしくなっているけれど、オリヅルラン
の株自体はかなり大きく成長している。
鉢いっぱいに根が広がっていそうなので、植え替えを
することに。

オリヅルランを抜き取り、鉢の土を出したら発見!
ヨトウムシを一匹発見!
やっぱり、葉っぱを食べた犯人(犯虫)は、ヨトウムシ
だったわけだ。

マリーゴールドが元気に咲いている時には、食べられ
なかったからマリーゴールドの害虫効果が、ヨトウムシ
にも効果があったということもわかった。

●ヨトウムシとは(ヨトウガの幼虫)
ヨトウガは、ふつう春から秋の間に年2回発生し、
さなぎとなって土の中で越冬。
多くの植物に被害をもたらしますが、特に野菜類で
被害が出やすい。

成虫は、日中は姿を隠し、夜になると葉裏に卵を
固まり状に生みつける。
続きを読む
posted by 日陰子 at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2007年08月08日

何とか、マリーゴールドを

何とかマリーゴールドをゲットした。

虫に葉っぱを食べられたオリヅルランの被害は、
最初は1鉢だけだったのに、3鉢にも広がっている。
マリーゴールドが元気だった時には、虫に葉を食べられる
被害がなかったから。
ぜひ、またマリーゴールドをと思う。

マリーゴールドの花の時期は、春から秋と長いけれど
もう今の時期になるとあまり見かけない。
見かけても、折り返し地点だものね。
なかなか満足できるマリーゴールドには出会えない。

春には、たくさんのマリーゴールドが売られていたけど。
それでも、お店に並んでいるマリーゴールドの中で
花も咲いていて、これからも咲きそうなつぼみのあるのを
ひとつだけゲットできた。

たった一株だと、どれだけ効果があるかちょっと不安。
でも、全然ないよりはいいだろう。
それに、花も楽しめるしね。

マリーゴールドはこんな花です。
   ↓↓↓
http://hanitikage.seesaa.net/article/40672269.html#more
posted by 日陰子 at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2007年07月27日

マリーゴールドが枯れたら、さっそく参上か?

マリーゴールドが我が家のベランダに増えてから、
虫に、植物の葉っぱを食べられることがなくなった。

ところが、今朝オリヅルランに水をやっていると
葉っぱの上に、黒いフンが乗っている。
そして、葉っぱがあちこち食べられている!

マリーゴールドが枯れてしまったから?

実は、6月末ころから
マリーゴールドの葉っぱが、緑色が茶色が
まだらに入ってそして、枯れてしまった。

一株だけじゃなく、次々に。
現在残っているのは、アフリカン種の一鉢。
それと、何とかかろうじて生きているという感じの
フレンチ種が2株。

でも、花が咲いているのは、アフリカンの一鉢だけ。
フレンチ種は、花がない。
唯一咲いているアフリカン種も、もう花の終わりの時期。
もう、切り取ってやらないといけない時期になっている。

マリーゴールドの株は、3回ほど買い足して
一番多い時は、10株以上あったのに。
続きを読む
posted by 日陰子 at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2007年07月16日

ペットのいるお宅に!

これからの季節は、蚊などに悩まされる季節でもありますね。
夜眠ってから、耳元でブ〜ンと近づいてくる蚊のヤツ。

退治しようと、電気をつけると姿が見えない。
あきらめ電気を消し眠ると、またブ〜ンとねらってくる。
これで悩まされたことは、数知れない。

蚊取り線香を使えばいいが、ペットがいると使いたくない。
我が家にも犬が一匹います。

わが家は、現在マンションの10階なので蚊などの
虫があまり入って来ない。
それは、とても助かっている。

でも、たまにどこかからかやって来るのだけど。
そんなペットのいるお宅には、これはオススメです!続きを読む
posted by 日陰子 at 18:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2007年05月29日

マリーゴールドの効果!?

マリーゴールドが、我が家のベランダの植物の仲間入りを
してから約2ヶ月。

そのマリーゴールドには、花の匂いや根などに
害虫の効果があるという。

その効果のせいだろうか、葉っぱが虫に食べられることが
多かったのにそれがない!
まだ2ヶ月なので、はっきりとは言えないけれど。

青ジソ、プミラ、オリヅルラン、アボガド、ミントなどなど
いろんな葉っぱを虫に食べられてきた。
でも、それがここ2ヶ月はまったくないのである。
この先も、このまま虫に葉っぱを食べられないといいのだけど。

そして、マリーゴールドは花の時期が長いといわれている。
続きを読む
posted by 日陰子 at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2007年04月15日

害虫対策にマリーゴールド

マリーゴールド一ヶ月ほど前、マリーゴールドの苗を買った。
マリーゴールドの花は、独特の香りがあって害虫が嫌う。

特に、線虫(センチュウ)には効果的だと。
花からの匂いだけ出なく、根や葉にも効果があるそうです。

我が家の初雪かずらがやられた、アブラムシやカイガラムシに
効果があるかどうかわからないが植えてみた。

マリーゴールドは、日当たりを好む花。
最低でも、半日は日が当たるようにする。
という事で、半日陰の我が家のベランダでも大丈夫そう。

育て方は、過湿を嫌うので水のやり過ぎは注意。
続きを読む
posted by 日陰子 at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2006年10月07日

虫に食べられて・・

害虫すっかり虫に食べられて、葉っぱは
葉脈しか残っていない状況です。

こんなに、すっかり食べられたのは、
初めてかもしれない。

もしかして、ミントの株を整理したせいで、
虫の食べる葉っぱが
なくなったせいだろうか。

しかし、ミントのプランターの虫は

続きを読む
posted by 日陰子 at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2006年10月06日

トマト黄化葉巻病

  『トマト黄化葉巻病が発生しています。
  この病気のまん延を防ぐためには、農家はもちろんのこと、
  家庭菜園でトマトを栽培されている方のご協力も必要と
  なります。 防除対策の徹底をお願いします。』


昨日、家の近くを歩いていると
市民農園のそばに、こんな立て看板を見つけた。

これだ!
まさに、我が家のプチトマトは「トマト黄化葉巻病」だった。

育てている時には、葉が枯れていくのは自分のせい。
日当たりが少ないとか、管理法に問題があるのだと思っていた。
でも、そうではなく「トマト黄化葉巻病」というウイルス性の
病気だったわけだ。

トマト黄化葉巻病

【トマト黄化葉巻病】

発病の初期は、上から下の葉へ黄化し内側へ葉が巻き、葉も
大きく成長しない。
病状が進行すると、節の間が短くなって株全体が萎縮。


続きを読む
posted by 日陰子 at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2006年10月03日

本上まなみとガーデニング

一鉢150円で、青ジソの苗を買ったそう。
それが、大きく大きく成長した。
しかし、その青ジソを青虫に食べられてしまった。

我が家も、同じように青虫被害を受けた。
青ジソだけでなく、ミントの葉っぱもやられた。
憎き、青虫!

つい先日も、青虫を見つけ退治した。
私は、青虫が大大大嫌い。

針ほどの細い小さな青虫でもダメ。
手でつまむなんて、とても出来ない。

割り箸でつまんで、ビニール袋に放り込み、しっかり口を結んで
ゴミと一緒に捨てた。

ホンワカとした、癒し系の本上さんはと言うと
続きを読む
posted by 日陰子 at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2006年09月05日

鳥除け用のマジックイオンテープの効果が?

ブルーベリーに、「鳥除けのマジックイオンテープ」を付てから約1ヶ月。

付けてからの効果は、バッチリだった。
付けてからは、ブルーベリーを盗まれる被害は
まったくなかった(たぶん)。
来年は、この鳥除け用のテープがあれば
ブルーベリーも大丈夫だと安心していた。

が・・・今朝、ガサッガサッと何か変な音?
ベランダの方を見ると、鳩のような鳥がいる!!
一匹はベランダの手すりに。
もう一匹は、ブルーベリーの枝にとまっていた。

私が、あわててベランダに出たらその音で
一瞬で逃げ去った。
残っているブルーベリーは、たった一粒。

そのブルーベリーは・・・・・・
続きを読む
posted by 日陰子 at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2006年08月10日

鳥除けテープ、効果あり!

鳥除けのマジックイオンテープは説明書どおり、
鳥除けの効果があるみたいです!

鳥除けテープを付けて、今日で3日目。
あれから、ブルーベリーは食べられていない。

と言っても、今日は朝から良い天気だけど
昨日は、台風の影響で朝は大雨。
その前の朝も、雨が降っていたかも・・・なので、
もう少し様子見が必要かな。

同じマンションの斜め上のお宅でも、ベランダで
ブルーベリーを育てている。
続きを読む
posted by 日陰子 at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2006年06月22日

アブラムシ、青虫に

酢+ニンニク+みりんを混ぜて散布 
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
アブラムシや青虫予防に効果があります。

特に、蝶には効果が高いと。

アルコール類には、強力な殺菌作用があるので
カビや細菌による病気に効果がある。

<散布剤の作り方> 
 続きを読む
posted by 日陰子 at 09:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2006年06月21日

食品で病害虫対策

トウガラシとニンニクの特有のニオイや辛さの刺激は
殺菌と害虫の予防に効果がある。

<散布液の作り方> 
  煮出したり、酢や焼酎に漬け込んで溶け出させる
  などして作る。

  お手軽な方法では、ペッパーソースを使う。
  ペッパーソースは、発酵させたトウガラシに酢と塩を
  加えたものなので、これを水で100倍に薄めて使います。
posted by 日陰子 at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2006年06月12日

知らずに、コンパニオンプランツ

ケチでなくて、節約とやさしい気持ち(?)でやっていた事が
実は、コンパニオンプランツだったと気が付いた。

人間に相性があるように、植物にも相性がある。
どんな植物と組み合わせるかで、成育が良くなったり、
病虫害を防ぐ効果がある。
その良い組み合わせを、コンパニオンプランツと言う。

コンパニオンプランツ
 ●科の異なる植物
   ナス科とユリ科、イネ科とアブラナ科又はマメ科など。

 ●短期間で成育するものと長期間で成育するもの
   小松菜、サラダ菜とネギ、トウモロコシなど。

 ●葉もの類と根菜類
   ほうれん草とゴボウ、サトイモなど。

 ●草丈の低いものと草丈の高いもの
   小松菜とトウモロコシ、ニラときゅうり、トマトなど。

続きを読む
posted by 日陰子 at 19:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2006年06月10日

病虫害対策に、コーヒーのカス

土壌線虫やアブラムシは、コーヒーに含まれる
カフェインの成分が嫌いとか。

そこで、コーヒーを入れた後のコーヒーカスを
堆肥や土に混ぜ、植物の株の根元に敷くと良いそうです。
ただし、青虫やヨトウムシなど
大きくなった害虫には、効果はないとか。

ヨトウムシに悩ませれているので、
ヨトウムシを撃退したかったのに・・・残念。
でも、もしかしたら効果があるのでは?試してみよう!

続きを読む
posted by 日陰子 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2006年06月06日

また、ヨトウムシに

どうやら、また今年もヨトウムシにやられたみたいだ。

青ジソが少し育ってきたと思ったら、収穫するより先に
虫に食べられてしまったんです。

「ヨトウムシ」の仕業みたい。
青ジソだけでなく、ミントの葉っぱも!続きを読む
posted by 日陰子 at 12:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2006年05月21日

ミニばら、灰色カビ病に

小さな小さなミニバラを買ったのは、もう何年も前になる。
今では、背丈は25cmを越えた。
毎年、年何回か花を咲かせる。

葉ものが多いわが家のベランダガーデンの中、花を
咲かせるミニバラは、貴重な存在でもある。

しかし、また病気(灰色カビ病)にやられてしまったようです。
その病気は、灰色カビ病。

灰色カビ病ミニバラ

【灰色カビ病】 

◆特徴  
 発病初期には、水がしみたようになり、その後急に
 発病部が広がり、溶けたようになって腐る。
 さらに、症状が進むと、灰色、あるいは灰褐色の
 カビの胞子が飛んで被害が広がる。

続きを読む
posted by 日陰子 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 害虫、病気、害鳥

2006年05月19日

病気です、パイナップルミント

名前の通り、ほんのりパイナップルの香りがする・・・
ようなのですが、鼻があまり良くない私にはわからない。

でも、黄みどり色の葉っぱ
葉の表面には、やわらかな毛
そして、白い班が入ってパイナップルミントは
好きなハーブのひとつ。

そのパイナップルミントが、病気に!

茎や葉っぱに、小さな小さな黒いもの点々と
そして、葉っぱは枯れて・・・。

何の病気なのだろうと、病名を調べたが良くわからない。
病気パイナップルミント



posted by 日陰子 at 19:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2005年07月26日

アジサイは、うどんこ病に

若い葉っぱや茎に、小麦粉をかけたように白いカビがはえる「うどんこ病」です。
アジサイに限らず、ほとんどすべての植物がかかる危険性はある。
茎や葉っぱが奇形になったり、ひどいと黄色くなっていく。
まさに、わが家のアジサイは黄色くなったのがあった (>_<)

あじさい病気

<原因>
湿気が原因で起こる病気が多いけど、このうどんこ病は湿度が低くても発生する。
軒下など、雨の当たらない日当たりの悪い場所で多く発生する。

<対処法>
初期の場合は、オルトランC、ポロポンV、カダンDなどの噴霧が効果大。
1週間おきに2〜3回、むらなくていねいに散布する。
多発した時には、ダコニール1000、ミネラシン水溶剤、サプロール乳剤、トリフミン水和剤、ベニカX乳剤、カリグリーンなどが有効。

<予防法>
窒素肥料が多く、カリ成分が不足すると発生しやすいため、窒素肥料をひかえ、カリ肥料を多めにするとよい。
風によって胞子が運ばれ、他の植物に感染するので病気の部分を除去し焼却がよい。


植物からも、病害虫からでも調べられるので
この本は便利です。
★家庭でできる庭木・野菜・草花の病気と害虫対策
posted by 日陰子 at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥

2005年07月06日

犯人・・・いや犯虫は、ヨトウムシ

収穫を楽しみにしている青ジソの、葉っぱを
虫にやられたのは23日のブログ
青ジソが毛虫にやられた」に書いたけど。

実は、葉っぱを食べたのはどうやら「ヨトムムシ」らしい。
虫には変わりないが、青虫でなく茶色の虫みたいだ。
茶色でも、青でも虫は嫌い! 
葉っぱを食べるのも許せない!

しかも、やられたのは青ジソだけでない。
オリヅルランもやられている。
昨日、オリヅルランを里子に出したお宅に
別の用事があって電話した。
すると、

「もらったオリヅルランの葉っぱが、食べられ
ちゃったんだけど・・・」
うちのと同じように、里子に出したオリヅルランも
やられていたのがわかった。

ネットで調べたら、どうも「ヨトウムシ」のシワザみたいだ。
「ヨトウムシ」、漢字でかくと「夜盗虫」。
まさに、漢字そのもので昼間は土の中に隠れていて、
夜に葉っぱを食べるという、盗みをやらかす虫だった。

オリヅルランの葉っぱが食べられた時、黒いフンが
いっぱい鉢のそばに落ちていた。
葉っぱをチェックしたけど、虫は見つからなかった。
見つからないはずだよね。
続きを読む
posted by 日陰子 at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 害虫、病気、害鳥
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。